利尻島郷土資料館

かつての鬼脇村役場を利用した資料館です。大正2年に建てられた旧鬼脇村役場庁舎を活用した洋風歴史的建造物で、昭和48年に開館しました。展示内容は、利尻の自然をテーマにしたジオラマや、原始古代から近代開拓期の島の生活、ニシン漁場の雰囲気を再現した展示が中心です。館内は写真撮影OK!大正・昭和にタイムスリップしたかのような趣ある館内や、利尻富士をバックにした建物外観は、まるで映画のワンシーンのようです。
施設名 利尻島郷土資料館
マップコード 714 202 401*04
住所 〒097-0211 北海道利尻郡利尻富士町鬼脇257
電話番号 0163-83-1620
営業時間 9:00〜17:00
営業期間 5月〜10月
定休日 火曜、祝日の翌日(7月〜8月無休、11月〜4月閉館)
駐車場 あり

こんな絶景スポットもあります。

  • ペシ岬

    ペシ岬

    ペシ岬は、鴛泊港にある標高90mほどの巨大な岩山です。別名「灯台山」とも呼ばれ、展望台、会津藩士の墓、鴛泊灯…鴛泊エリア詳しく見る
  • 北見冨士神社

    北見冨士神社

    北見冨士神社の始まりは、享保年間(江戸時代)。沓形港の西の岬に創祀したと伝えられています。北国の富士山とも呼…沓形エリア詳しく見る
  • カムイテラス

    カムイテラス

    溶岩の地形をそのまま活かしつくられた「カムイテラス」。海に向かって突き出たデッキがあり、厳しい自然がつくりだ…沓形エリア詳しく見る