姫沼

大正時代に湧き水をせき止め、当時あった3つの沼がひとつになってできた「姫沼」。ヒメマスを放流していたことがその名の由来です。 沼の周囲には約1kmの遊歩道が整備されていて原生林の中を気軽に散策できるコースになっています。夜には星空が綺麗にみえるスポットです。売店(休憩舎)では、利尻や姫沼の景色、花、鳥などの写真や絵葉書、利尻山の湧き水を使ったコーヒーを販売しています。姫沼湖畔にはトイレがないので、事前に駐車場のトイレを使いましょう!
施設名 姫沼
マップコード 714 494 867*61
住所 〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊湾内
営業期間 5月〜10月
定休日 11月〜4月は閉鎖します
駐車場 あり
備考 駐車場敷地内に公衆トイレあり。姫沼前に売店あり。

こんな絶景スポットもあります。

  • 利尻空港

    利尻空港

    利尻島の空の玄関口「利尻空港」。札幌の丘珠空港から利尻まで(約50分)の便が1日1往復就航しており、夏場には…鴛泊エリア詳しく見る
  • 北のいつくしま弁天宮

    北のいつくしま弁天宮

    利尻島の西海岸、仙法志エリアにあり、「寝熊の岩」「人面岩」とセットで観光する人が多く立ち寄る観光スポット。こ…仙法志エリア詳しく見る
  • 利尻町立博物館

    利尻町立博物館

    利尻町の自然や歴史、海と共に生きてきた利尻の人々の生活や文化などを知ることができる町立の博物館。見応えバツグ…仙法志エリア詳しく見る