Topトップへ

利尻島の紹介(利尻礼文サロベツ国立公園)

日本の北のてっぺん稚内市から西へ約52km。島の西側にある「利尻町」と東側にある「利尻富士町」の2つの町からなり、島の真ん中にそびえる利尻岳をぐるりと囲む海岸線で島人は生活しています。春から夏にかけてとりどりの高山植物が花開き、全国的にも有名な「利尻昆布」や「ウニ」など日本海の海の幸や天然の恵み・湧水に恵まれた、漁業と観光の島です。

  • 島の夏の風物詩、昆布干し。6月〜8月の最盛期には、昆布干しアルバイトが必要なほど。

  • 利尻島ではこれまで、コマドリ、クマゲラ、ヒガラなど約317種類の渡鳥が観測されています。

  • 利尻町マスコットキャラクター「りしりん」に島のどこかで会えるかもしれません。

  • 日本百名山に数えられる利尻山は標高1,721m。日本最北に位置し、数多くの登山者が訪れます。

  • 南西の風が強く吹くときに、気流の山岳波によって北東側にできる利尻島のレンズ雲。

  • 秋色が深まるオフシーズンは、オンシーズンには見られない魅力があります。

  • 島カレンダー

    島のイベント、その時期にしか食べることができない旬の味覚や自然の彩りなど見逃せない情報を「島カレンダー」でチェック!

    詳しく見る
  • 島の花図鑑

    利尻島は、日本ではここだけで生息している植物が多いのも特徴です。ふと花を見かけたら「島の花図鑑」を開いてみてください。

    詳しく見る
  • 島のお土産

    魅力的な特産品や加工品が数多くある利尻には、海産物はもとよりマスコットキャラクターアイテムやご当地Tシャツも充実しています。

    詳しく見る
  • 島の四季

    島を訪れる前に、利尻の一年をご覧ください。各月の「島の特徴」「最高・最低気温」などを紹介しています。

    詳しく見る
  • 島の動物図鑑

    利尻島は、北海道本土で見かけるキツネやシカ、ヒグマなどの中型〜大型哺乳類や、ヘビが全くいません。不思議です。

    詳しく見る
  • 利尻山十六景

    島全体が利尻山と言っても過言ではない利尻島。利尻をぐるりと巡る前に、知って欲しい情報があります!それが「利尻山十六景」!!

    詳しく見る
  • 利尻町

  • 利尻富士町

  • 礼文町

  • 礼文島観光協会

  • 稚内観光協会

  • 離島キッチン

  • 利尻山ライブカメラ

  • りしりん

  • リーシリーボーイズ

  • 利尻 島の駅

  • 神居海岸パーク

  • 利尻町公式チャンネル

  • 利尻町ふるさと納税

  • 利尻島 写真素材

  • 宗谷地域資源ガイドブック

  • 45°N PASS 島めぐり

  • 日本のてっぺん。きた北海道ルート。

  • イエロープロジェクト

  • ハートランドフェリー

  • 宗谷バス

  • ANA

  • JAL

  • HAC 北海道エアシステム

  • FMわっぴ〜

  • エースJTB

  • ウニっこ図鑑

  • クラブツーリズム

  • ノースフラッガーズ