石埼燈臺

「石埼燈臺」がつくられたのは、1943(昭和18)年。太平洋戦争中のことでした。高さ30m、光力70kw。全国にある無人の灯台の中でも、5本の指に入る高さの灯台です。近海を航行する船舶の道標となることはもちろんのこと、北海道本土のサロベツ原野(豊富町)と利尻島の間にある利尻水道(日本海)を漁場とする数多くの漁船にとって、なくてはならない大切な灯台です。灯台の対岸に位置するサロベツ原野から夜の利尻島を見ると、ピカッと光る灯が見えます。
施設名 石埼燈臺(いしざきとうだい)
マップコード 714 234 716*11
住所 〒097-0211 北海道利尻郡利尻富士町鬼脇石崎
駐車場 なし
石埼燈臺
石埼燈臺
石埼燈臺

こんな絶景スポットもあります。

  • 利尻町立博物館

    利尻町立博物館

    利尻町の自然や歴史、海と共に生きてきた利尻の人々の生活や文化などを知ることができる町立の博物館。見応えバツグ…仙法志エリア詳しく見る
  • 神居海岸パーク

    神居海岸パーク

    日本一新鮮な "うに軍艦″ を作りませんか?もともとは、漁師たちの「しごと場」。今では、訪れる方の「あそび場…沓形エリア詳しく見る
  • カムイテラス

    カムイテラス

    溶岩の地形をそのまま活かしつくられた「カムイテラス」。海に向かって突き出たデッキがあり、厳しい自然がつくりだ…沓形エリア詳しく見る