島人の投稿

  • 「花の便り」利尻礼文サロベツ国立公園だより4月 Vol.1

    今月のテーマ「春の足音」 冬カモが旅立ち、数年ぶりの大雪に見舞われた冬がようやく終わりを迎え、駆け足で春が近づいているのを感じます。冬芽が少し膨らむ花や、春に産まれたばかりの小鳥のさえずり、最近では冬眠から目覚めた熊の目撃情報も・・・春はもうそこまで、です。 春の訪れ「群来」 連日温暖な気候が続く利尻島では春を告げる現象が発生しました。ニシンの放卵・放精によって一時的に海水がエメラル…詳しく見る
  • 「花の便り」利尻礼文サロベツ国立公園だより5月 Vol.2

    今月のテーマ「花の便り」 春を告げる花々を“スプリング・エフェメラル(春の妖精)”と呼び、古くからヨーロッパでは、待ちわびた春の訪れを祝います。つい先日、雪解け後のミズバショウに喜んでいたのもつかの間。あっという間にあちこちで、北海道でしか見られないエゾエンゴサクが道端で見られるようになりました。今月号では、各地の様々な花の便りが聞こえてきました。 サロベツ ~希望をこめて~ 下サロ…詳しく見る