姫沼

姫沼は、標高130mに位置し、周囲約800m、深さ約2mの人造湖です。淡水魚の漁業奨励のため、1917(大正6)年に堤防を建設。利尻山の湧き水をせき止めたことで、当時3つあった小さな沼がひとつになり、ヒメマスを放流したことから「姫沼」と名付けられました。売店(休憩舎)では、利尻や姫沼の景色、花、鳥などの写真や絵葉書、利尻山の湧き水を使ったコーヒーを販売しています。姫沼湖畔にはトイレがないので、事前に駐車場のトイレを使いましょう!
施設名 姫沼
住所 〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊湾内
営業期間 5月〜10月
定休日 11月〜4月は閉鎖します
駐車場 あり
備考 駐車場敷地内に公衆トイレあり。姫沼前に売店あり。
姫沼
姫沼
姫沼

こんな絶景スポットもあります。

  • 沓形大火記念碑

    沓形大火記念碑

    昭和39年、沓形市街地の大半を焼失する大火がありました。大きな犠牲を忘れないため、沓形市街地の交差点脇にある…沓形エリア詳しく見る
  • 利尻富士温泉保養施設

    利尻富士温泉保養施設

    年間およそ6万人が訪れる、利尻島の名湯。地元では子どもから高齢者まで、ほとんどの島人がこの「利尻富士温泉」を…鴛泊エリア詳しく見る
  • カルチャーセンター&リップ館

    カルチャーセンター&リップ館

    利尻富士温泉保養施設、利尻富士温泉プール湯泳館の隣にあるカルチャーセンターでは、絵画や彫刻などの美術品のほか…鴛泊エリア詳しく見る