石埼燈臺

「石埼燈臺」がつくられたのは、1943(昭和18)年。太平洋戦争中のことでした。高さ30m、光力70kw。全国にある無人の灯台の中でも、5本の指に入る高さの灯台です。近海を航行する船舶の道標となることはもちろんのこと、北海道本土のサロベツ原野(豊富町)と利尻島の間にある利尻水道(日本海)を漁場とする数多くの漁船にとって、なくてはならない大切な灯台です。灯台の対岸に位置するサロベツ原野から夜の利尻島を見ると、ピカッと光る灯が見えます。
施設名 石埼燈臺(いしざきとうだい)
マップコード 714 234 716*11
住所 〒097-0211 北海道利尻郡利尻富士町鬼脇石崎
駐車場 なし
石埼燈臺
石埼燈臺
石埼燈臺

こんな絶景スポットもあります。

  • 富士野園地

    富士野園地

    6月下旬〜7月中旬にかけて花開く、エゾカンゾウの大群落地。駐車場から高台の展望台まで、海に向かって遊歩道が続…鴛泊エリア詳しく見る
  • 沼浦展望台(白い恋人の丘)

    沼浦展望台(白い恋人の丘)

    道道108号を挟み、山側に「沼浦湿原」「オタトマリ沼」、海側に「沼浦展望台」「沼浦キャンプ場」があります。沼…鬼脇エリア詳しく見る
  • 南浜湿原

    南浜湿原

    利尻山を映す「メヌウショロ沼」を含む全長約1kmの遊歩道が整備されており、植物が群生する場所まで行くことがで…鬼脇エリア詳しく見る