石埼燈臺(いしざきとうだい)

「石埼燈臺」がつくられたのは、1943(昭和18)年。太平洋戦争中のことでした。高さ30m、光力70kw。全国にある無人の灯台の中でも、5本の指に入る高さの灯台です。近海を航行する船舶の道標となることはもちろんのこと、北海道本土のサロベツ原野(豊富町)と利尻島の間にある利尻水道(日本海)を漁場とする数多くの漁船にとって、なくてはならない大切な灯台です。灯台の対岸に位置するサロベツ原野から夜の利尻島を見ると、ピカッと光る灯が見えます。
施設名 石埼燈臺(いしざきとうだい)
住所 〒097-0211 北海道利尻郡利尻富士町鬼脇石崎
駐車場 なし
石埼燈臺(いしざきとうだい)
石埼燈臺(いしざきとうだい)
石埼燈臺(いしざきとうだい)

こんな絶景スポットもあります。

  • ウニ種苗生産センター

    ウニ種苗生産センター

    雑食性であるウニの味は何を食べて育つかが重要!良質で豊富な利尻昆布を食べて育つ利尻のウニは味の評価が高く人気…沓形エリア詳しく見る
  • 時雨音羽 詩碑(しぐれおとは しひ)

    時雨音羽 詩碑(しぐれおとは しひ)

    利尻町名誉町民で、今も多くの人に親しまれている歌謡作詞家 時雨音羽(しぐれおとは)は、1893年、利尻町沓…沓形エリア詳しく見る
  • 会津藩士の墓(種富)

    会津藩士の墓(種富)

    文化年間の1807年、幕府の統治下に置かれていた利尻を、ロシア艦隊が襲撃するという事件が起きました。幕府はす…沓形エリア詳しく見る