長寿の泉水

江戸時代の探検家である間宮林蔵(まみや りんぞう)が利尻島を訪れた際にこの湧き水を飲み、「長寿乃泉水(ちょうじゅのせんすい)」と命名したと言われています。以前は、水が湧き出ている敷地の人が利用していましたが、島民や観光で訪れる人たちにも飲んでもらおうと、一般開放されました。
施設名 長寿の泉水
住所 〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊港町(旅館雪国敷地内)
駐車場 なし
備考 「旅館 雪国」の敷地内にあります。
長寿の泉水

こんな絶景スポットもあります。

  • 北のいつくしま弁天宮

    北のいつくしま弁天宮

    利尻島の西海岸、仙法志エリアにあり、「寝熊の岩」「人面岩」とセットで観光する人が多く立ち寄る観光スポット。こ…仙法志エリア詳しく見る
  • 会津藩士の墓(種富)

    会津藩士の墓(種富)

    文化年間の1807年、幕府の統治下に置かれていた利尻を、ロシア艦隊が襲撃するという事件が起きました。幕府はす…沓形エリア詳しく見る
  • 鴛泊港フェリーターミナル「海の駅おしどまり」

    鴛泊港フェリーターミナル「海の駅おしどまり」

    鴛泊フェリーターミナルの1階は、利尻富士町観光協会、フェリー受付・発券窓口(出港時間帯以外クローズ)、土産店…鴛泊エリア詳しく見る